4K モニタに 4K で表示しようとして諦めた話

2021-04-09

うちのリビングには Dell の P4317Q というモニターが置いてあるのですが。

こいつがくせもののモニターでして、4K モニターを謳っているくせに 4K で表示することは非常に厳しい仕様となっていました。

今回はなんとか 4K で表示しようとして奮闘したその一部始終を書いていこうと思います。


きっかけ

うちでは Fire TV の使用頻度が一番高いのですが。

今までは以下のような接続方式で映していました。

Fire TV → HDMI 分配器HDMI キャプチャー → モニター

で、このモニター。

実はもらいものでして、細かい仕様はまったく把握していない状態で使っていたんですよね。

そんな中、ふとなんとなーくモニターの仕様を調べてみたところ 4K に対応されていると書かれていまして。

『あれ、でもその割に画質良くないな…』と思って解像度を見たところ、1080P で表示されていました。

HDMI 2.2 を 1.4 に

そこでさらに仕様を調べたところ、どうやらこのモニターの HDMI の規格が 1.4 とのことでして。

最近の HDMI は 2.2 なので、1.4 の規格を持つモニターでは 4K で表示することができないという情報を見つけました。

「なるほど、2.2 を 1.4 にダウンコンバートすれば良いのね」と思い、色々とダウンコンバーターを調べたのですが。

当たり前ですが、ダウンコンバーターなんてグレーな商品、なかなかおおっぴらに売られていません。

加えて最近の規格はほぼ 2.2 とのことで中古製品も存在せす、新品はくっそ高い状態です。

そんな中 AIIiExpress で 3,000 円ちょっとで売られている のを見つけ 、嬉々として購入しました。

購入から 2 ヶ月ほど、3 日前に商品が到着しまして。

『よっしゃこれで人生初 4K だ!』と思いつつ、以下のようにつなげてみました。

Fire TV → HDMI 分配器HDMI キャプチャーダウンコンバーター → モニター

画面にはきちんと Fire TV が出力され、Fire TV のディスプレイの設定にも今までは表示されていなかった 4K Ultra HD の文字が!!

『よっしゃ勝確!』とさっそく 4K の映像を再生したのですが、画質がさほど変わっていないような…。

DisplayPort ならいけるのでは?

『あれー?』と思い、モニター側の解像度を確認したところ、1080P から変化せず。

つまり Fire TV 側は 4K で出力しているつもりでも、モニターが 1080P で表示している状態なわけで。

そこでまた色々と仕様を調べたところ、そもそもこのモニターは DisplayPort しか 4K で出力できなさそうとのことで。

ということは、HDMI から DisplayPort に変換すれば今度こそいけるのでは!という考えに至り色々と探したのですが。

どうやら HDMI から DisplayPort への変換ってすげーややこしいとのことで、これまたほぼ選択肢がありませんでした。

そんな中、以下の 3 つの製品を購入し試してみました。

Fire TV → HDMI 分配器HDMI キャプチャーダウンコンバーター → DisplayPort 変換アダプター → モニター

かけた費用はすでに 1 万 5 千円を超え、引くに引けない状態にまでなりつつあったのですが…。

製品によって多少差はあるものの、表示は以下のような感じになりました。

  • FireTV はそもそも映らず、何か制御がかかっているみたい
  • ミニパソコンは表示されるものの、解像度が 720P まで落ちる始末
  • PS4 も表示は問題ないですが、1080P での表示に留まる

散々な結果となりここでギブアップ、悔しいー!!

で、結局何が原因だったのか

モニターの仕様書 に注意書きとして書かれている通りなんだと思います。

3,840 x 2,160の解像度で表示するには、PCまたはノートパソコンで使用されているグラフィックスカードおよびドライバが、DisplayPort接続で最大3,840 x 2,160(60 Hz)の解像度をサポートしていることを確認してください。

これで 4K モニターを謳うのはちょっと詐欺っぽくないか?と思いつつ、HDMI からの変換ではどうしようもないんだろうなーと。


そんな感じでした。

クソ高い勉強代となってしまいましたが、今回の件のおかげで HDMI や DisplayPort の仕様を理解できたりモニターを選ぶ際のポイントを知ることができたりと、悪いことばかりでもなかったなーと。

とはいえ、結局解像度は現状維持ということでそこはむちゃくちゃ悔しいです。

またしっかりとお金を稼いで、今度こそ本物の 4K 描画を手に入れたいなーと夢見る今日このごろです。

© 2018 kk-web