SONY の SRS-WS1 と BOSE の SoundWear Companion 両方買って比べてみた

2020-09-12

メルカリで SRS-WS1 がお安く出品されていたので、ついつい買っちゃいました。

で、前から SoundWear Companion は持っていたので、簡単な比較をば。


価格

今さら定価で買う人もそこまでいないと思うので、自分が買った値段で言うと、

  • SRS-WS1 がメルカリで送料込み 12,999 円
  • SoundWear Companion がネットモールで送料込み 17,300 円

でした。

あと、SRS-WS1 は今月いっぱい新品 5,000 円割引キャンペーンをやってるみたいです。

3 年前のモデルですし、新しいのを出す前に在庫をなくしたいのかな?

重さ

  • SRS-WS1 が 266g
  • SoundWear Companion が 248g

でした、SONY のほうが重いんですね。

ちなみに家の量りで量ったので正確だと思います。

SONY のやつはなぜか重さがどこにも書かれてないんですよね、見落としてるかもですが。

とはいえ両方ともすげー重いです。

自分はかなり肩こりがひどいので、常用するのはかなり厳しい…。

音質

これは圧倒的に SoundWear Companion のほうが上でした、ぶっちゃけ比較にならないです。

BOSE の方は音に広がりがあって、低音の響きもよく、本当に高級スピーカーが鳴っているかのような音がします。

低音の響きについては BOSE のいつものスマホアプリである程度調整できるのもすごく良いですね。

対して SONY の方はいかにも電子音のようなチープさがあり、大した音じゃなかったです、正直がっかりでした。

結構値段が張るので、もうちょっと良いものかと思ってましたが…。

あと、SONY のほうはネックスピーカーに振動機能がついているのがめちゃくちゃ邪魔です。

オフにしても多少振動するのが本当にイヤです、音質の悪さをごまかしている感じすら受けます。

遅延

BOSE はトランスミッターを使うとアウトですね、どんな手段を使っても 1, 2 秒遅延します。

SONY のほうはトランスミッターは試していません、レビューを見る限りは問題なさそうですが。

有線接続では遅延は一切ありませんでした、まぁ当たり前ですが。

有線接続可能なネックスピーカーは、自分が調べた限りではこの製品だけだと思います。

総評

トランスミッターをかまさずに使うのであれば、BOSE 一択です。

とにかく音質が違いすぎます、SONY のやつは想像以上に悪いです。

トランスミッターをかますのであれば、別の製品で良いんじゃないかなぁ…と。

安いモデルであれば、サンワダイレクトの apt-X LL 対応モデルとか良さそうです。

もう少し高いモデルであれば、 JBL のやつが選択肢にあがるくらいですかね?

自分の場合、遅延 0 で使いたかったので SONY のやつを買いましたが、ちょっと残念でした。


そんな感じです。

© 2018 kk-web