開発環境のデータベースの持ち方

2020-07-10

過去様々な現場でフロントエンド開発を行ってきましたが、その中で 1 つ大きな問題となるのが、開発環境における DB の持ち方となります。

開発環境における DB の持ち方って、今までは以下のいずれかでした。

  1. 開発環境向けの共通の DB を 1 つ建てる(社内サーバや AWS など)
  2. 個々人のローカルに建てる(手動でインストールしたり、Docker で配布したり)

自分個人としては 1 のほうが楽なので好きなのですが、インフラチームからすると 2 のほうが好きという方も多く、意外と難しい問題だよなぁと。

そんな中、今の現場では 1 と 2 を両方採用していて「なるほど!その手があったかと」目からウロコ、青天の霹靂でした。

基本的には 1 だけで困ることはそんなにないと思っているんですが、両方あるに越したことはないよなぁと。

バックエンド側の環境整備は大変そうですが、AWS とか Docker とか駆使したらうまいことできるもんなんですかね?

自分はそこらへんの知識がさっぱりないのでわからないですが、ひとまずいいやり方だなぁと思った今日このごろです。

© 2018 kk-web