eslint:recommendedとeslint:allについて

2019-12-20

eslint自体の設定について調べてみると、どのサイトにも当たり前のように「eslint:recommendedを設定すれば良い」といった記述がされています。

ただ、eslint にはもう一つeslint:allという設定も存在していることは、あまり知られていないのかなと。

違いをざっくり書くと、

設定内容使用
eslint:recommended一般的なルールが適用される推奨されている
eslint:all全てのルールが適用される推奨されていない

といった感じみたいです。

設定によって適用されるルール一覧はここに書いてあります。

また、eslint:allが推奨されていないはここに書かれていて、

Important: This configuration is not recommended for production use because it changes with every minor and major version of ESLint. Use at your own risk.

重要:この構成は、ESLint のマイナーバージョンとメジャーバージョンごとに変わるため、実稼働での使用は推奨されません。 自己責任。(Google 翻訳)

とのことです。

個人的には、eslint:recommendedは弱すぎるし、eslint:allは強すぎるかなーという感じです。

なので、eslintの正しい運用としては、

  1. eslint:recommendedを設定する
  2. 足りていないルールは一つずつ追加する

といった感じが最もベターなのかなと。

逆に、

  1. eslint:allを設定する
  2. 強すぎるルールは一つずつ無効化する

といった感じの方が良さそうな感じもするんですが、eslint:allが推奨されていない以上、お仕事には導入できないかなーと。

eslint:recommendedにはno-consolesort-importsなどが入っていないので、『eslint:recommendedを設定したから大丈夫!』という認識は少し甘いかなーと思った、今日この頃です

© 2018 kk-web